basiピラティス

うつ病対策にはアロマテラピーがおすすめ! うつ病に効果的なアロマオイルとは?

うつ病対策やうつ病の治療方法というと、薬による治療、精神療法(心理的治療)、休養(睡眠)をたっぷりとる、などが一般的ですが、それでもなかなかうつ病が改善されないとお悩みの方も少なくないと思います。

 

あるいは、薬には頼りたくない、病院には行きたくないという方もいっらしゃるでしょう。

 

そんな方におすすめなのが、アロマテラピーを活用することです。

 

アロマテラピーとは、簡単に言うとアロマオイル(エッセンシャルオイル)を用いて、天然植物の香りのパワーによる自然療法です。

 

実は、嗅覚というのは他の感覚器官と違って大脳辺縁系に直接伝わるので、身体にも直接的な影響を与えるのです。

 

ですから、アロマテラピーは、身体に与える影響が大きいので、うつ病にも効果が期待できるというわけです。

 

アロマテラピーは香りを嗅ぐだけなのでとっても簡単ですし、薬ではないので副作用の心配もありません。(ただし3歳未満のお子様や妊娠中の方などは、使用する際に注意点があります。)

 

あなたがもしうつ病でお悩みならば、早速アロマテラピーを試してみませんか。

 

アロマオイルを格安で購入するならこちら!

 

 

うつ病の改善に効果的なアロマオイル

 

うつ病は、ホルモンの一種であり脳内神経伝達物質である、セロトニンやノルアドレナリンなどの分泌量が減少することにより発症すると考えられています。

 

ですから、うつ病を改善させるためには、ホルモンの分泌を活性化させなければなりません。

 

そこで、アロマテラピーを活用することによって、セロトニンを含むホルモンの分泌を活発にすることができるのです。

 

アロマテラピーというのは、アロマオイル(精油)を用いて心身をリラックスさせることですが、アロマオイルの香りは、ホルモンを分泌する器官である内分泌腺を刺激する働きがありますので、内分泌腺を刺激してホルモンの分泌を活性化できる可能性があるのです。

 

もちろん、アロマテラピーは薬ではないので、すべてのうつ病の方に効果があるわけではありませんが、多くの方がアロマの効果を得ているのは事実のようです。

 

アロマオイルには、多くの種類がありますが、うつ病に効果のあるアロマオイルにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

ベルガモット、ローズマリー、ラベンダーなどは緊張やストレスを緩和する効果があると言われていますので、うつ病対策には特におすすめです。

 

ただし、香りの好みというのは人それぞれですので、自分の好きな香りのものを利用するのが一番です。

 

ですから、色々な香りを試してみるのも良いかもしれませんね。