TOP >> アロママッサージでうつ病対策
basiピラティス

アロママッサージでうつ病対策~トリートメントオイルの作り方

アロマテラピーの活用法には、香りを嗅ぐだけでなく、アルママッサージ、すなわちアロマオイルを使ってマッサージをするという方法もあります。

 

アロママッサージは、アロマオイルとマッサージの相乗効果によって気分を安定させ、緊張や不安を取り除くといわれていますので、うつ病の改善にも役立ちます。

 

アロマテラピーの作用経路には、嗅覚から脳に伝わる経路の他に、皮膚から血液へ伝わる経路もあり、アロママッサージは、この2つの経路から同時に伝わりますので、単に香りを嗅ぐだけよりもより効果的なのです。

 

実際に、整体院やリフレクソロジーサロンなどでもアロママッサージが行われています。

 

アロマテラピーとマッサージを併用することで、感情の緊張を和らげ、ストレスに関係した心臓血管系の状態をリラックスさせ、心の平穏をもたらしてくれるのです。

 

特に、足には様々なツボがありますので、足のマッサージを行うことでツボを刺激し、血液の流れをスムーズにしてくれますので、足のマッサージにアロマを活用することはとても良いのです。

 

 

トリートメントオイルの作り方

 

【用意するもの】

 

・エッセンシャルオイル(ゼラニウム、ローズマリーなどお好きなもの)

・スイートアーモンドオイル

・ビーカー

・かくはん棒(スプーンなどでも可)

・タオル

 

 

【作り方(1回分)】

 

1、ビーカーにスイートアーモンドオイル10mlを入れます。

 

2、ゼラニウム、ローズマリーなど、お好きなエッセンシャルオイルを2滴入れます。

複数のエッセンシャルオイルを入れる場合は、1つのエッセンシャルオイルを入れた後によくかき混ぜてから、次のものを入れるようにします。