TOP >> アロマオイル(エッセンシャルオイル)を使用するときの注意点
basiピラティス

アロマオイル(エッセンシャルオイル)を使用するときの注意点

アロマテラピーをするときにはアロマオイル(エッセンシャルオイル)を使いますが、そのときに使い方を誤るとたいへん危険です。

 

そこで、エッセンシャルオイルを使用するときに注意しなければならないことを説明します。

 

1、原油を直接皮膚に塗らないこと

原油はとても濃度が濃いので、直接皮膚に塗ると皮膚にダメージを与えてしまいますので、使用するときには水や植物油などで薄めます。目安としては濃度が1%以下になるようにします。例えば、エッセンシャルオイル1滴使う場合には、植物油5mlの中に混ぜるようにします。

 

2、エッセンシャルオイルは、天然原料から抽出されたもののみを使用し、合成香料と混同しないようにすること

合成香料と混ぜ合わせると危険な物質に変化してしまうことがあります。

 

3、エッセンシャルオイルを飲んだり、目に入らないように注意すること

 

4、引火性があるので、火気に注意しましょう。

例えば、ティッシュなどに精油をつけて、それをゴミ箱に捨てるときに、他のものと化学反応を起こして火が発生してしまうことがありますので注意しましょう。

 

5、保管するときは蓋をしっかりと閉めて、冷暗所で保管すること

 

6、子供やペットの手の届かないところに保管しましょう。

 

7、高齢者や乳幼児、妊婦さん、既往症のある人は使用する際に注意しましょう。

3歳未満の乳幼児、妊娠中の方は芳香浴以外はしないようにしましょう。また、3歳以上のお子さんの場合でも少ない量で使用するようにしましょう。

 

高齢者や既往症のある方は香りに反応しやすいため、基準量の半分以下の量から使用し、少しでも異常があったらすぐに使用を中止しましょう。

 

8、光毒性に注意しましょう。

光毒性とは、強い紫外線を浴びると皮膚の炎症やシミなどの原因となる性質のもので、ベルガモット、レモン、グレープフルーツなど柑橘系の精油に多く含まれています。