TOP >> うつ病の原因
basiピラティス

うつ病の原因

うつ病の原因は、まだはっきりとはわかっていませんが、ストレスやからだの病気、環境の変化など、さまざまな要因が重なって発病すると言われています。

 

うつ病の原因は大きく分けると、環境的な要因と身体的な要因があります。

 

環境的な要因というのは、人間関係の悩み、家族や友人の死亡、仕事や財産の喪失、就職や転職、結婚、離婚、引越しなど環境の大きな変化などにより、過度なストレスがたまってしまうことです。

 

身体的な要因というのは、慢性的な疲労や脳血管障害、感染症、癌、甲状腺機能の異常、月経前や出産後、更年期などによるホルモンバランスの変化などがあります。

 

身体的な要因というのは、体の病気なので、お医者さんに行って治療する必要がありますが、環境的な要因というのは、過度なストレスが原因となっていますので、ストレスを減らしていかなければなりません。

 

ストレスが多くなると自律神経のバランスが乱れ、自律神経失調症になりますが、これがさらに悪化するとうつ病になってしまうのです。

 

ですから、うつ病を改善するためには、自律神経のバランスを整えることが大切です。

 

自律神経は、脳の視床下部という部分でコントロールされていますので、アロマテラピーで精油の香りを嗅ぐと自律神経のバランスを整えることができますので、うつ病の改善にアロマテラピーを活用するというのもひとつの方法ですね。