TOP >> アロマテラピーに必要な器具
basiピラティス

アロマテラピーに必要な器具

アロマテラピーで、エッセンシャルオイルを使ってコスメや入浴剤などを自分で作ることができますが、その場合にいろいろな器具が必要になりますね。

 

そこで、アロマテラピーに必要な器具をご紹介します。

 

 

1、ビーカー

 

エッセンシャルオイルは、植物油や水、アルコールなどで薄めて使用しますので、その量を正確に計るためには目盛りのあるビーカーが必要ですね。

ーカーは、お料理用のプラスチックのものでもかまいませんが、ガラス製のものであれば、湯せんにかけるときにも使えますし、消毒もできますので、便利です。

 

 

2、かくはん棒

 

エッセンシャルオイルを水や植物油などと混ぜるときに使います。マドラーやスプーンなどでも代用できます。

 

 

3、計量スプーン(大)

 

植物油や塩などを計るときに使います。料理用のものでかまいません。

 

 

4、ガラスボトル(遮光性のもの)

 

トリートメントオイルなどを作って一度に全部使い切れない場合、ガラスボトルに保存しておきます。

エッセンシャルオイルは、直射日光が当たるといけないので、遮光性のものが良いでしょう。

ガラスボトルは冷暗所で保存しましょう。

 

5、スプレー容器

 

ルームスプレーなどを作ったらスプレー容器に入れます。50mlくらい入るものが良いでしょう。

100円ショップなどで売っているものでかまいません。

ただし、アロマ香水など、エッセンシャルオイルをたくさん入れる場合には、ガラス製の専用の香水ボトルでないと容器が変質してしまいますので注意しましょう。